無料12月30日迄『お清め塩』新メニューお披露目サービス!

教え

この記事は約41分で読めます。

霊感開くコツ

昨日ヒーリング5回目のお客様が覚醒した。
自分の中の沢山の自分が出てきて表現を始めたのだ。

過去世の自分、、、。

音楽家だった時、戦争体験、男、女、子供、太陽の母、そしてハッキリと見えた天使たちと宇宙旅行。

しばらくは身体が分子レベルで沸騰してるかのように熱い「手汗などかかないのに」という彼女の手は汗で光っていた。

先生、生まれて初めての凄い体験が出来ました、これには私の実験もあったんです。

円:実験?

はい。私は今回ヒーリングを受けるにあたって先生の著書やホームページの体験談を熟読しました。

先生とは知人の結婚披露宴でお会いし、少しお話をしただけなのにとても気になっていました、そしてまた、偶然目に入った先生を紹介する記事を見て行かねばと思いました。

これまで、何故かスピリチュアル系の方々と縁を持つことが多く、一度、家も含めてお祓いをしてもらった事があります。私はお祓いをして貰った事で先生と繋がったんだと思っています。

ここ最近全てにおいてやる気を失くし、どう生きていけば良いか分からなくなっていた事もあり、先生とお会いしたのは運命変える為のチャンスを頂いたのだと思ってました。

そんな思いもあり「集中して先生のエネルギーを120%受ける」と決めて挑みました。
一回目と二回目は体感が弱かったのですが、三回目に身体が前後に揺れました、先生からは「縦に揺れるのは神様に歓迎されている証拠だよ」と仰って頂きとても嬉しく思いました。

そこで私は考えて見たのです。これまでと何が違うのか「そうだ今日はお腹が鳴ってた、お腹が空いているという事が大きな違いなんだ」と気づきました。

小さい頃母親から「お墓に行く時はお腹を空かせて行っちゃいいけないよ」と言われて実践していた事を思い出しました。

私なりにその意味についてお腹を空かせている時は霊感が敏感になり霊を感じやすくなるのだからだと思いました。

そこで、実験したのです。

ヒーリングを受ける時にお腹を空かせて受けると、霊感が開きやすくなるのではないかと。私の考えは見事に的中しました。どんどんと身体の奥が開かれて行き魂の開放を感じて自分の意志とは関係なく身体が動くようになりました。

動いている間は空を自由に飛び回っているような何とも言えない幸福感に包まれて楽しいです。

円:ヒーリングに向かう真面目さと建謙虚さが素敵ですね、大変素晴らしい実験だと思います。私はヒーリングに誘導する前の呼吸はあらゆる研究をして完成させたもので指導してます。

呼吸の仕方も完璧でしたよ。身体をいかにリラックスさせるかが霊感を開かせるコツだと思います。身体に負担をかける服装やお腹の状態はリラックスを妨げてしまします。

確かに断食等とすると不思議な体験をしやすいと言われています、《実はその境地に至ることは身体の負担をなくした瞬間》なのかもしれません。

補足すると断食で霊感が開いた人が「砂糖・肉・油」を摂取すると見えていたものがまた見えなくなるそうです。その辺も実験してみるといいかも知れません。

先生、今まで失っていた自分の芯みたいなものが真っ直ぐに起き上がって来ました。やめていたランニングも始めましたし、やる気がみなぎってきています。何でも出来そうな感じです。目も大きくなって視界も広がり、耳も良くなっていつも聞いている音楽の時に低音部分がとても新鮮に聞こえます。

残りも実験も踏まえて先生のヒーリングに集中して受けて夢を掴みに行きますね。

【まとめ】

様々な目的や理由でヒーリングを受けに来れられます。
海外や地方から泊りがけで短期集中ヒーリングを受ける方も増えて来ました。その中には、やはり霊感を開かせたいという目的の方も沢山います。

そんな世界とは無縁に生きてきた方で「先生!私は視えるまで通います」と宣言して、76回目で突然天使が目の前に現れて興奮していた方もいました。

その方によれば「思い込み」や「錯覚」等の曖昧な見え方ではなく、天使のまつげの一本一本、肌の質感までしっかりとリアルにみえたと言っていました。

是非皆さんも色んな実験でトライしてみてください。
きっとこれからの自分や人が大好きになると思いますよ。

愛と感謝を込めてご縁がありますように。


運命は変えられるのか?

運命は変えられるのか?
実は多くの方が占いで未来に悪い結果が出ても“運命を変えない”んです。

“人は自分のやりたい通りの事をする”

つまり、やりたいことを注意して止めても、その通りに止める人は殆どいないと感じるのです。
そして、またそんな事件が起きました。

一回目のお客様からの連絡

先生の占いが当たってました!春休みのせいか人が多くサーフィンの女の子が僕に突っ込んできまして、咄嗟に自分の板でガードしました。身体は無事でしたが板は凹んでしまいました。先生の占いで怪我注意を指摘されていたので上手くかわせたと思います。

これで、怪我運は消えた事になりますか?運命を変えたことになりますか?

と、飯よりサーフィンが大好きなお客様から連絡が入りました。

彼は30年程前にサーフィンで身内が亡くなり封印していたサーフィンを、仕事の独立と共に数年前に復活したのでした。

体力的な問題も含めて慎重にサーフィンをする為に占いを活用するようになりました。

彼の聞くことは「波」はどうか、「怪我」はないかのことです。毎月国内外に出かけてはサーフィンを楽しんでいます。

占いで波があまりにも悪かったり、危険な暗示がある場合は、変更出来る時は変更して来ました。その中で対策を立てても、占い通りに海外で病気になったりちょっとした怪我をしたりがありました。

今回はどんなに対策を立てても大怪我を免れないだろうという結果が出ていて、本来なら日程を変えたい所が変えられないとの事で、怪我をする可能性のある日を絞りその日は海に入らないようにするという事で話が終わってたのでした。

円:油断しないでください、「大難は小難に、小難は無きものに」という言葉がありますが、前回の占い結果からして、これで帳消しになったとは考えられないので、重々注意してください。

先生分かりました、以後も注意します。
それから、数日後にその方から写真付きの報告が来ました。

先生!やっちゃいました、今病院です。
サーフボードのフィンでふくらはぎを切ってしまい手術をしました。

しかも、先生が占いで絶対に怪我をするから海に入ってはいけないと言われていた「4月1日」でした。自分の愚かさに嫌気がさします、なんの為に占って貰っているのか、、、。

今回の件、自分に言い聞かせる意味も含め、また、先生の所に占いに来られる方の為にも是非、私の写真付きでブログに載せてください。

円:分かりました、ではお顔はぼかして公開しますね。

お願いします!

円:そんなこんなで、公開です。


引き寄せの力

想いは口に出すべし

私は口に出して人に言える事は余程の覚悟が出来た時だと思ってます。想いが丹田(ヘソの奥)に落ちエネルギーが満ち溢れている時だと思います。

私は占いのお仕事を通して約30年毎日毎日人を見てきました。
気がついたことがあります。

人が夢や目標を叶える時に、何のアテもないのに揺ぎのない目でいきなり公言するのです。

「先生、私今年結婚します!」
「先生、来年本を出します!」

などなど、やはりそれが予知による自信なのか、引き寄せの力なのか、真実は誰にもわからない所ではありますが、祈りの世界でも神様にお願い事をするときには、先に「叶えてくださってありがとうございます」と唱えると良い等とも言われています。

丹田にエネルギーを落とす程の想いとは、五感全てを使って今その事が起こっていると自分に錯覚が起こる位の事です。

例えば、物凄く高級なバックを見て欲しいと思った時に、実際にそれに触れて持って、あの服に合うな、これ持って、こんな音楽が聞こえるレストランで、とってもいい匂いのする料理を食べるとか、触る、想像(音、匂い、風景)そこまで出来たら実際に手に入れていると思います。

しかしながら、ただ欲しいと思って見ただけで、五感を使ったイメージを働かせてない場合は丹田の力も働かず、手に入れる事もないのではないでしょうか?

私はヒーリングの時に、手を触れずにその人を動かしたりして見せますが、それは目に見えない世界で、人は繋がっていて、影響し合っていると言うことを分かりやすく伝える為です。

清らかなオーラと純粋な想いは、必ず人に届きます。
人が応援してくれるようになります。

是非皆様も五感全てを使って想像して、それが現実になるという想いを丹田に落として、オーラを輝かせて引き寄せましょう。

皆様がますます輝いていきますように、円聖修は丹田に力を込めて、お会いした皆様にヒーリングパワーと共にお祈りしてます!


熊本から学ぶ大地震の予知

地震予兆

今年に入ってから5回目の熊本出張でした。
まだまだ、至る所に大地震の傷跡が残ってます。

ヒビの入っていない建物を探す事の方が難しく、お寺の墓石はかなりの数が倒れたまま、神社の鳥居等にもヒビが入っています。

今や日本もどこにいても安心という場所がないようにさえ思います。我々は熊本大地震から学び、危機管理をしっかりとしておかなければなりません。

今日はその危機管理に関するとても大切なお話しを聞いて来ましたのでお話しさせて頂きます。半身麻痺で車椅子の男性にヒーリングをして欲しいとの依頼を受けて行きました。

ヒーリングが終わった後にその男性から地震に関する貴重な話を聞く事が出来ました。

彼は、地震や台風等の気圧の変化が起きると腰が痛くなるそうです。
ですので、大小の連続する地震の間長らく腰の痛みに耐え抜いて来たとの事でした。

猫と1人暮らしの為ベッドに横になって生活しているせいか、周りの音や気配にも特に敏感なんだと思いました。

DSC_2623

《彼の話し》

あの日も腰が痛くなり、地震が来る事がわかりました、私の場合は広く南半球で起こる地震に反応するので、どこで起こるかまでわかりません。

しかし、本震の前には地中からゴォゴォーと、岩盤が割れていくような物凄い音が私には聞こえ、その後、熊本には絶対に大きな地震がないとの私の考えがくつがえされました。

大きな冷蔵庫は車輪でもついているかのように滑っていき、大きな本棚などがバタバタと倒れて行きます。

まず物が動いて後から空気が追いかけるような、まるで空間が歪むような感覚を目の当たりにしました。

前震から本震までに起こった事のまとめ。

1、友達から、これは地震雲じゃないかと写真メールが届く。
(飛行機雲のような線が沢山)
2、飼っていた猫がどこにも見当たらなくなった。
3、朝必ず聞こえてた鳥の声やカラスの声が聞こえない、外がシーンと静まり返っている。
4、虫も見ない、白アリが一斉に飛び立ったという話を聞く。
5、気圧のせいか急に温度が低くなった。
6、犬は主人に忠実なせいか、変化が分かりにくい。

そして、本震の後に雨が降った、それから、鳥の鳴き声や虫達も戻って来て、猫も見つかった。
雨降って地固まるとはこの事なのか、5度以上の地震の後は必ず雨が降っていたような気がする。

DSC_2622

地震の予兆、これをご覧になった方は、出来るだけ多くの人にお話しして下さいね。

皆さん、生きて、生きて行きましょう!


オーブの撮り方

オーブはスマホで見れる

最近はお客様からLINEで心霊写真かどうかの問い合わせで画像が送られてきます。
殆どが違うものですが、昨日は久しぶりに本物が送られて来ました。赤ちゃんの手が写ってました、怖すぎてお見せ出来ません(笑)

携帯電話などのカメラで、テレビリモコンの電波の所を見ると、目には見えない何色かの光が見えます。これを写真で撮るとそのまま光が映ります。太陽や電気などの光源を撮るときにも、いかにも神々しい虹色の神秘的な光のように写りますね。

このように、人間の目に見えない光をカメラは捉える事が出きるように本物の霊も捉える事が出来るようです。霊をみたい人は、怪しい所をカメラのレンズを通して見てみると見えるかも知れませんね(゚o゚;

世間を騒がせているオーブの正体もわかりますよ。暗い部屋で携帯カメラの電気をつけて画面をしばらく見ていて下さい、チリがボヤっと白い丸い光のようになって空気の流れに添って動きますよ。エアコンの近くなら早い動きを見せます。これを撮ればオーブ写真の出来上がりです。

また、本物の心霊写真とはどんな物か、それは単純に誰が見ても心霊写真としか思えないものです。

御参考にして下さい。


幸せを呼ぶオーラの作り方

オーラが持つ色の意味など

幸せを呼ぶオーラ

たくさんの方々のオーラの変化を見ているうち、色々と面白い事が分かってきました。

オレンジのオーラ(結婚運)
ヒーリングに通っているお客様のオーラを観察していると、ある時からその方には見られなかったオレンジ色のオーラが見えるようになりました。そして1ヵ月後、その方はお見合いによる電撃結婚をされました。オレンジ色のオーラは結婚や家庭円満と関係の深い色であると確信しています。

ピンクのオーラ(恋愛運)
恋愛はピンク色とはよく言ったもの。恋愛中の人を見ると鮮やかなピンク色のオーラが視えます。多くの人が、目に見えなくても感覚的に感じてきたのでしょうか。そのピンクのせいか肌もピンクがかったように綺麗に見えるから不思議です。激しく誰かを思っている場合は少し赤が混じっています。今は恋愛中でなくても、モテる時期や恋人が出来る時期が近づくとピンク色が強まったりもします。

イエローのオーラ(人気運、健康運、金運)
内側に見える場合はその人の幼児性を表していますが、外側に見える場合は人気運を表しています。目立つ、人を惹きつける、可愛がられる、助けてもらえる、また健康運や金運とも関係が深いようです。

ブルーのオーラ(仕事運、対人運)
知性の色です。仕事の出来る人や、冷静な人、何かに集中している状態の時に出ます。色が綺麗で幅が大きければ脳がすっきりとして活性化している状態です。いつもそのような状態でいられれば仕事もスピーディーで能率的でミスも少ないでしょう。人からの信頼も受けるため、対人関係も良くなると思います。


◆開運のヒント
オーラの色や形は、常にその人の心の状態や考え方、健康状態によって変化しています。基本的には、いろんな色が見えるより綺麗に輝く単色を放っている状態が私は好きです。あまり色が多い状態だと、精神的な不安定さを示している可能性が高いからです。

今は世界的にオーラの研究がされていて、あるアメリカの方が出された本の中には『同じ色の服を着続けたらオーラもその色に近づいてきた』という報告があり、その方法が広く知られるようになりました。
例えば結婚運を上げたければオレンジ系統の服(肌に触れる方が良い)を着続けると、やがてオーラがオレンジ色に輝き出し結婚運をもたらすという事になります。
仕事で評価されたい、出世したい場合は青系統の服を着続ければ、頭が冴えて新しいアイディアなどのひらめきもどんどん溢れ、周りから認められることになります。

◆より強くオーラを輝かせるには
オーラは基本的には内側から出ている自己主張の波動です。ですから、思いを強めることが大事です。人間はイメージで生きているといっても過言ではありません。何をするにも、まずはイメージから始まっているのではないでしょうか?上手くいく時は上手くいくイメージを持てた時、失敗する時は失敗するネガティブなイメージを持ってしまった時です。

つまり良い事も悪い事もイメージした通りになる。“思う事は必ずそうなる”です。
ただし、人の心は動かせません。いくら相手が自分の事を好きになってくれるイメージを描いても、相手には相手のイメージがあり、その領域は侵せないからです。

なので、例えば結婚運を上げたいのなら、自分が近い未来に良い人と出会ってプロポーズされ、幸せな結婚が出来ているイメージを心の底から強く描いてみましょう。そして自分の体から幸せのオレンジオーラが輝いている事も忘れずに思い描くのです。

【これらはあくまでも円のオーラの視え方です】


オーラを視る方法

オーラを視るための訓練方法などをご紹介します。

オーラを視る

オーラに興味を持たれている方が多いようです。そこで今回は、オーラを視るための訓練方法などをご紹介します。

プラーナを見る

ヨガの世界で空気中に存在する生命エネルギーといわれている『プラーナ』を見る事から始めてみましょう。ホコリのようにとても小さく、おたまじゃくしのような形をしていたりします。

天気の良い日(午前中の方が良い)に、空気のきれいな公園や原っぱに寝転んで青空を眺めてみましょう。水銀のようにチカチカとした、小さな粒が漂っているのが見えたら成功です。

*気分が滅入っている時にプラーナを右の鼻(+のエネルギー)から吸い込み、左の鼻(-のエネルギー)から出せばポジティブになれるといわれてます。また、ヒーラー等がエネルギーを高める方法として、イメージで手の平からプラーナを吸い込み蓄えるという事をするようです。

オーラを視る

夜寝るときに電気を消して、目の前で両手の中指の先をくっけたり離したりしながら、その指の間を見続けて下さい。白いモヤのようなものがうねうねと見えてきたら成功です。

人間は元々微光を放っているようです。暗闇に人が多く集まると明るくなると、ある研究家は本で発表しています。

*芸能人や注目される人に対して「オーラを感じる」「輝いている」という表現はまんざら嘘ではなく、特別な強い光を放っているためでしょう。

心の目で色を見る

オーラの色が目で見えるという人がいますが、実際に肉眼で見える範囲は上記の白いモヤまでだと私は考えています。色は心の目で視る、つまり色を感じると言った方が正解かもしれません。

この訓練は1人で行なうと確実性が薄れるので、5人前後のグループで行なう事をお薦めします。
1人の人をターゲットにしましょう。その人に対しメンバーそれぞれが、イメージの世界で着せ変え人形のようにいろいろな色の服を着せていきましょう。

一番フィットする色を決めたら、皆で一斉に発表し合います。それを繰り返していくと一致する確率が上がってきます。その色の持つ意味などを皆で話し合っていけば、その人の性格性質、また体調を見抜けるようになっていくでしょう。

*心の目で見る方法は一番難しく、その時の各自の心理状態や思い込み等が反映されやすいので、どれだけ雑念を持たずにやるかが重要です。

私はこのグループ練習で、何人かのオーラ視の開発に成功しました。やってみる価値は大いにあると思っています。

私のオーラの視え方

私はオーラを視る為の特別な訓練をした訳でもないですし、いつから視えるようになったのかも覚えていません。皆も同じように視えていると思い込んでいたせいかもしれません。

視え方(感じ方)としてはオーラ写真に近いですが、もう少し色は薄く、内側から外側へ向かって色が微妙に変化して見えたり、様々な形で見えたりします。

大きくまとめると、行動派(右脳型)は赤系統で、慎重派(左脳型)は青系統。
恋愛中はピンク色で、結婚が近づくと綺麗なオレンジ色を帯びてきます。

神経を集中している時は青色で、イライラしていると激しい赤色に変わります。
精神的に不安定になっている人は色がまばらで電気質を帯びており、小さい粒の光が飛び回って見えます。

気功などを習っている人は黄緑色を帯びていて、宗教や修行をしている人は、その人のというより背後の神的な白っぽい光を帯びています。

また、皮膚に一番近い所は無色透明になっていて、この部分の間が開いていくと体調不良や精神的疲労という意味になります。

*これはオーラ視というより私独自の視え方ですが、オーラとは別に体の悪い所の元になっている「ツボ」のようなものが、白い丸で見えます。症状の度合いで色は変わり、悪化している場合は赤色、治りかけは緑色という視え方です。


芸能人のオーラ

直接視させて頂ける機会がありましたので分析してみました。

芸能人のオーラ

以前、芸能人のオーラを視る機会がありましたので、今回は実際に視た方のお話をしたいと思います。

お1人目はタレントのYさん。

バラエティ番組で活躍され、女優としても活動している20歳代半ばの女性です。芸名は一般公募から決められたそうです。

赤に近いオレンジ一色のオーラが1m位広がっていました。特徴的だったのは、頭から天に向かって細く長く伸びているオーラの形でした。

『芸能界のお仕事がこのまま細く長く続くという暗示だと思います』と告げたところ、「私早く結婚したいの」と仰っていました。強い結婚願望が赤オレンジ色としてオーラに反映されていたのだと思いました。

2人目は30歳代になったばかりの女優さん。

日本だけでなく、台湾や香港でも活躍されている方です。日本のバラエティ番組にもよく出られていました。

オーラの幅は1m半位ありましたが、色が薄く、殆どはっきりしておらず、電気質で粒子がちらちら落ち着かず飛び回っている感じでした。その時ご本人には濁しましたが、おそらく相当のストレスで参っている状態だと感じました。

その後日本のTV番組でお見かけすることは少なくなりましたが、体調など崩していらっしゃらないでしょうか。少し心配です。

日本の音楽シーンに輝かしい功績を残された女の子ヴォーカル4人組。

その中のお一人を、グループ卒業からしばらく後に視ました。
この方のオーラには驚かされました。銀色で、誰が見ても分かるのではというくらい光っていて、幅は5mほどありました。銀色は宗教的な色なので“何かそういうことをやっていますか”と聞いてみました。

すると、幼少の頃お母様に連れられて近くの占い師に鑑定してもらいに行った事があり、『この子の将来は2つ見える。沢山の人達の前でスポットライトを浴びている姿と、私のように巫女入りして人助けをしている姿』と言われたそうです。

彼女自身は霊感のようなものは全く無いと仰っていましたが、おそらく神的な守護の力が特別なオーラを放ち、ゆくゆくはどんな形であれ人助け、または人を励ます存在になっていくのだと感じました。オーバーかもしれませんが、グループの人気はこのオーラが深く関わっていた気がしてなりません


予知夢

突然予知夢を見るようになった人の話

予知夢

人間は夢を見ることでストレスを解消していると言われています。
日常押し隠している感情や素の自分の姿を夢の中で様々なものに例え、散らばったパズルの断片のように意味のないストーリーを展開しながら心のストレスを吐き出しています。

その中でほんの1パーセント程度ですが、正夢や予知夢を見ることがあるようです。

私も、今でもはっきりと覚えている正夢でこんなにも意味の無いものがありました。

起きる直前に見た夢です。半券に数字が書いてありました。もしや宝クジでは、と、起きてすぐに数字をメモしておきました。

そしてその日、ポストに入っていたガスメーターの紙を見て驚きました。メーター表に書かれていた数字とメモした数字が完全に一致していたのです。なぜこんなにも意味のない正夢を見てしまったのか不思議でなりません。

精神世界では、人間の潜在意識の奥底に『過去現在未来の全てのデータが記録された“アカシックレコード”と呼ばれる場所がある』と考えられています。有名なエドガーケイシーは、深く眠る事によってアカシックレコードとの間を行き来し、他人の病気の根源的な治療方法を発見していたとされています。その膨大な資料は今も大切に保管されているらしく、予知夢として占い的(的中率75%と言われている)な事をしていたとも言われています。
私のお客様で、突然予知夢を見るようになってしまった女性がいました。

その方のお話によると、『ある日家に帰ると、父がTVでサッカーの試合を見ていた。再放送の試合だったので「これは○対○でこのチームが勝つ試合でしょ」と言ったところ、「何言っているんだ?これは生放送だよ」と父。

変な冗談を言うなと思いつつ部屋で寛いでいたら、父が顔色を変えて部屋に入って来た。そして「お前、どうして分かったんだ?」と言われた。
新聞のTV欄を見て驚いた。その試合は確かに生放送だった。以来、サッカーの試合だけ予知夢を見るようになった』とのことでした。

しばらくのち、その方がサッカー以外の予知夢を見たと言ってこられました。その内容はこうでした。
『夢の中でいつものようにバイト先に向かっていたが、寝坊したため遅刻してしまった。そのせいで店主に怒鳴られ、こらえきれず飛び出すように辞めてしまった夢だった』

現実の朝。寝坊して慌ててバイト先へ向かう自分がいた。夢と同じだと思った。そして店主に怒鳴られる場面へと近づく。実際問題としてバイトを辞めるのは困るので、夢とは違う行動を取って平謝りするつもりだった。しかし怒鳴られた瞬間自分をコントロール出来なくなり、夢と全く同じように飛び出してしまった。

本当に見えた未来でも変える事は出来ないのだろうか?気の毒である。
その後も予知夢は進化していった。

悲しそうな顔をしてやってきた日の事。聞くと、10年前の友達が結婚する夢を見た。その頃は夢が現実になるという自信があったので、お構いなしにおめでとうを言う電話をかけた。だが友達は不服そうに、一体誰からその話を聞いたのかと詰め寄ってきた。適当に誤魔化したものの「私は10年前あなたとつるんでいたけど本当はあなたが大嫌いだった。

だから皆に、あなたにだけは知られないようにと口止めしていたのに」と言われ、相当なショックを受けたという事でした。

そして、人間は知るべき事以上を知る事は決して幸福に繋がらないと悟った、とおっしゃっていました。

多くの人は自分の未来を、良い事でも悪い事でも知りたいと願う。しかし予知と言う世界から弄ばれるのは怖いと思い知らされた出来事でした。


テレパシー

想いは通じる?

テレパシー
◆不思議な人物

私が高校生の頃の話です。不思議な力を持った男性がいるという情報を仕入れてきた友人が、その人に会いに行こうと話を持ちかけてきました。
放課後。私達が訪ねると、その男性は私達を見てニコニコしながら、いきなりこう言いました。

「君達は今日の12時45分頃、ここに来ることを話していましたよね」
衝撃が走りました。全くその通りだったのです。
なぜ分かったのか聞くと、彼は目の前の机に置かれていたノートを開き、ページの一部分を指差しました。

そこにはさっき口にした時間と、何か暗号のようなものが書いてありました。
続いて彼は、時計をチラッと見て「あと5分ほどで、右手に買い物袋を持った女性が入ってくるよ」と告げた。

すると、その通りの時間に言われた通りの女性が入って来ました。

彼はこんな話をしてくれました。
時折、自分の身体の一部分が痙攣する感覚に襲われる。まぶたがピクピク痙攣するのと同じような感覚で、身体のいたる所でそれが発生する。
その痙攣には何か意味があるのではと考えるようになり、時間と痙攣の箇所を記録するようになった。

そしてテレパシーのようなものを受信しているために起こる現象だと分かった、との事でした。

痙攣の場所によって相手の意識レベルや性別、大体の年齢も分かるらしく、定義なども確立されていました。それらをとても分かりやすく教えて頂いたのですが、その方は自分の研究をいつか本にまとめたいとおっしゃっていたので、ここで詳しい説明は控えます。

不思議な話ですが、“痙攣”の記録を残していくと何かの法則に気づく事が出来るのかもしれません。

◆テレパシー

身近なところでは、かかって来る前に電話の相手が分かったり、誰かの背中を見つめているとその人が振り向いたりする事があります。他にも実体験としてテレパシーを感じることがあると思います。

過去にマスコミを騒がせたこんな実話がありました。ある男性がヨットで遭難し、何の手がかりもなく捜索も打ち切られてしまいました。しかし、その男性の妻は「夫は帰ってくる」と強く信じていました。

なぜなら、男性は妻に伝わると信じて、ヨットの上からひたすら自分の無事と必ず生きて帰るというテレパシーを妻に送り続け、妻もまた、そんな夫の様子を何度も夢で見て、そのテレパシーを確信していたからだそうです。

夫は夢の約束通り生還し、必死に送り続ける思いとそれを受ける愛が生んだ奇跡として紹介されました。

オーストラリアの先住民族アボリジニは、実生活の中でテレパシーを活用して
いる事で知られています、遠くへ狩りに出かけた時などに、待っている仲間に狩りの成果や健康状態を伝える能力があるとされています。

誰もが本来持っている力なのかもしれませんが、今の時代はテレパシーよりも携帯電話の方が確実で、それらのものに頼ってしまってどんどん退化しているように思えます。緊急に何かを伝えたくても道具がない時は、テレパシーという力を思い出したいですね。

好きな人から連絡が来て欲しい時の思いや、言葉に出来ない気持ちをテレパシーで伝える事が出来たら、どんなに素敵でしょう。それにはヨットの夫婦のように、とても単純で純粋な“偉大なる信頼関係”が必要なのかもしれません。

皆さんがそんな人に出会えるように祈っています。


前世の記憶

前世の思い出し方(前世を知る方法)

前世の記憶
母親の胎内や誕生の瞬間の記憶を持つ子供たちの話は、ご存知の方も多いと思います。それらに加え、前世の記憶を持つというケースも伝えられるようになってきました。

子供の頃に何度も見た夢、原因の分からない恐怖症や癖、なぜか惹かれる国や時代、初めての場所や人物なのに感じる懐かしさなど、前世と繋がるヒントは色々あります。初めて行うはずのスポーツなのにすんなり出来てしまったり、生まれつき身体に刻印されているアザなどにも、前世と繋がるものがあるようです。

目覚めた時には覚えていたはずの夢が跡形もなく消えてしまうように、前世もまた、現世の記憶の中で夢のようにかき消されてしまうものなのでしょうか。

ある時、前世を思い出しました。
それは幼い頃大切にしていた、しかしその存在自体も忘れていた物が、ある日引き出しの奥から転がり出て来たような感覚でした。

23歳頃の事です。仕事でとても疲れて家に帰り、眠くて眠くて半分寝ているような感覚のまま、ロフトへ上ろうとハシゴに掛けた手にグッと力を入れた時でした。

ハッと、一瞬で思い出しました。今の自分ではない、違う人生を生きたもう一人の自分の記憶です。眠気も吹っ飛び、次々と思い出される事を興奮気味に紙に書き留めてゆきました。その内容は以下のようなものです。

高い岩山の崖っぷちから、大きな太陽を見つめていました。見渡す限りの大自然の中、何も怖れず、とても穏やかな気持ちでそこにいました。黄色っぽい薄い布で出来た服を身体に纏い、私はそこで頻繁に、太陽に向かって座禅を組み瞑想しているようでした。

気付くと斜め前に1人の老人が立ち、私を見下ろしていました。会話まで思い出す事は出来ないのですが、溢れてくる感情は思い出す事が出来ました。その人に対して私は絶大な信頼を置き、慕っていました。師弟関係だったと思われます。

そして私はその場所で、師から何かの儀式のように背中一面に文字を書かれ、独り立ちを許されました。年齢は20代くらいで坊主頭、肌の色は日焼けしていて背は今よりも低い感じでした。

とても貴重な事だと思い、忘れないうちにと背中に書かれた文字や図形もメモしておきました。第三者の目で情景を見る瞬間があったので、背中に書かれた文字や図形は、その状態の時に見たものです。

そして、当時知られていた東京のスピリチュアル系研究所を尋ね、そのメモと体験の検証をしてもらいました。
結果、文字、図形、儀式は全て実在するもので、アジアのある国とそこに伝わる宗教との関連が分かりました。

その後、前世の事について私なりに探求し、解釈した事を書きたいと思います。

私達は何の為に生まれ変わりをしているのでしょうか?
自分の魂を自分の望む形に成長させつつ、魂の世界の『愛で満たされたステージ』へ向かう事を目的に生まれ変わりを繰り返している、というのが私の解釈です。

生きていると、なぜ自分はこんなにも不幸なのかと思う出来事に遭遇しますが、実は自分で選んでいる部分もあるのです。人は生まれ変わる時に、前世で成し遂げられなかった事や犯してしまった罪の償いなど、様々な課題を持って生まれ変わります。

それらをクリア出来なければ、また来世に持ち越されることになります。その為、現世で苦労を背負おうとするところがあるのです。

また、自分が体験する悲しみや苦しみの中には、それと同じ思いを前世の自分が誰かにさせてしまったために、今度は自分が体験しているというものもあります。そうして魂は成長しようとします。
前世という考えからすれば、全ての魂は平等なのかもしれません。

この世で天才と呼ばれる人達や、生まれつきの才能を持っている人達は、何度も生まれ変わりの中で同じ事を追求してきて、ようやくその時代で花開いた人達のようです。
この事から、生まれ変わりは成長過程であり、過去世が今より恵まれていて幸せだったとは考えにくい、というのが私の解釈です。
自分の前世はお姫様や王様、歴史的人物で立派に生きた人であって欲しい、と

願う方は多いと思いますが、生まれ変わって今を生きているという事は、今よりも苦労した前世を生きていたという事です。勿論、これは私なりの研究によって見出した法則ですので、あまりがっかりなさらないで下さい。

◆ソウルメイト(魂のグループ)
袖振り合うも多生の縁などと言いますが、縁のある人達は同じ魂のグループとして生まれ変わりをしている、とされています。
家族や恋人や親友といった近い関係の人達は、より密接な関わり合いの中で共に成長し合っているようです。

◆何回生まれ変わるの?
今現在生きている人間の多くは、50回前後の生まれ変わりをしていると前世療法家の著書にありました。
それが多いか少ないか?

言い伝えでは、瞑想によって生まれ変わりという悟りを開いたお釈迦様は、その時代で既に500回位の生まれ変わりをしていたそうです。お釈迦様でもそれだけの生まれ変わりをしなければ、魂は高いレベルまで行けなかったという教えなのかもしれません。

◆前世の思い出し方(前世を知る方法)
催眠術の世界で後退催眠という技術があり、それは、失った記憶を取り戻す方法として確立された物です。その技法を使って前世の記憶を辿る事を前世療法と言います。

私達の深い潜在意識の中には、今生の記憶だけではなく、前世の記憶も失われずに残っているようですので、うまくいけば思い出すことが出来るという事です。

私は、深い潜在意識から記憶を取り出しやすい状況 ―半分寝て半分起きている状態― を作り出せば思い出す事も可能と考えていますので、寝る直前や起きる直前に『私は前世を思い出す』と繰り返し唱え、諦めずに1ヶ月くらい行うつもりで取り組めば、前世を知る事も出来るのではないかと考えてます。

その際、思い出した記憶を忘れてしまわないよう枕元にメモを用意しておくなどして、忘れないうちに書き留めておきましょう。後に、その内容を整理して繋げていく事でストーリーが出来ていくと思います。

最初は足元(履いてる靴等の確認)、続いて感情、匂いや住んでいる場所、上手くいったら自分が周りから何という名で呼ばれていたか等に意識を向けてみる。
何度も同じような風景やストーリーを見る事が出来て、その内容に現実に存在していたと確認出来る点が多く見つかったら、高い確率で前世を見つけたといえると思います。

無理なく行ける土地なら実際に行ってみると、より強く思い出すことが出来るかもしれません。

しかし、無理に前世を思い出す必要はありません。
自分にとっての生まれ変わりの意味を知っていようがいまいが、自分の人生は目の前にあり、今まさに進んでいる途中なのです。

目の前に問題があるのなら、いきなり『前世の行いが影響しているのでは』などと解釈せず、まずは今の自分の人生として、自分自身で乗り越えるべきです。今の自分と、自分に関わっている人達の事をまず考えましょう。そうでないと今の人生を生きる意味はありません。それこそ、何のために生まれ変わったのでしょうか。

なぜ前世の記憶を忘れるのか。それは、混乱を招くからという単純な理由もありますが、自分で選んだ試験問題(人生ストーリー)の答えが分かっていては生まれ変わる意味が無い、という大きな理由があるからです。
そこから、今の人生を精一杯生きる事が、ひいては魂の成長に繋がる事であると私は思います。

そして、究極の愛で満たされた魂の世界があるのなら、皆でそこに辿り着きたいですね。


ガイドの導き

守護霊、指導霊のお話

ガイドの導き

不思議な体験が始まった高校二年生の頃、こんな事がありました。友達の家で他愛のない話で盛り上がっていたら、私の左の方からスッと顔が出てきたのがはっきりと見えました。

それは仏像のような横顔で、何も語ることなく2~3分の間静止していました。
暗闇の中でロウソクの火を当てられている程度の明るさで見え、肌の質感もあり、人間の肌の色に近い色をしていました。

そういったものをカラーで見たのは初めてでしたし、何の前触れもなく起こったので本当に驚きました。

後に、その存在が私のガイドの1人だった事が分かりました。
さらにその後、仙人姿のガイドが私についていました。そしてシャーマンの伝統を受け継ぐまでの間、折に触れて私に指導してきました。

ガイドとは、誰にでもついている存在。共に魂の成長を目指す、24時間無償勤務のかかりつけの魂の指導者です。
一般的には、姿を現したり話しかけられたりという事は殆ど無い、実感の薄い存在です。

しかし、何かに行き詰まって強く答えを求めた時には、自身の閃きや、親や目上の人の口を借りるなどして、その答えを伝えてくれる事があります。
自分とは違う分野の人から同じ事を三回言われたら、それはガイドの囁きとして受け取って頂きたいです。

他には夢の中で教えてくれたり、直接耳に話しかけてくる事もあります。もしも、耳鳴りと共に耳に空気の入る感じやクラッとする感じがした時は、心を落ち着けて「ガイドさん、私はちゃんと聞きますので私に解るように話してください」と心の中で静かに唱え、待ってみて下さい。上手くいけば優しいガイドの声が聞けるかもしれません。

こんな事もありました。女性のお客様が、好きな彼と疎遠になって1ヶ月経った頃、「明日連絡が来る」という男性の低い肉声を聞いたそうです。本人も何の事か分からないと仰っていましたが、翌日、大好きな彼から電話がかかってきて復縁を果たしたとの事でした。おそらく不思議な声はガイドからのメッセージだったと思いますが、こんな粋な事もしてくれるとは羨ましいガイドさんです。

◆ガイドの世界にも情報網?
初めて来られた方をお迎えすべくドアを開けると、そこにはお客様である70歳位の女性の他に、27歳くらいのハンサムな男性のガイドがいて、私に向かってお辞儀をしているのが見えました。
そのガイドは私にこう言いました。

「妹をよろしくお願いします」

とても礼儀正しくはっきりと仰るので、私はその事をお客様の女性に伝える事にしました。

ガイドが着ている服、大体の身長と年齢、お顔、髪型などを紙に書き、このような人に心当たりはありますか、と聞くと、女性は少し黙って目を潤ませてこう答えました。

「私の兄です」

27歳の時に戦争で帰らぬ人となったお兄さんに間違いないとの事でした。そしてこう続けました。
「私は今日、懐かしい兄に腕を掴まれ、ここまで連れてこられている気がしてならなかったのです」
この方はガイドの存在に気づいているようでした。

私は思いました。
その面識もないガイドが私を選択して妹さんを連れて来たのは、ガイド界にも私達の世界のように(あるいはもっと便利な)、情報源があるのではないかと。そしてガイドの狙い通りか、私はその女性の悩みと状況の改善に助力出来まし
た。

よく、奇跡的に治った、助かった、何かに守られている気がした、という表現を聞く事がありますが、それは、ガイドの存在を感覚的に感じているという事だろうかと思ったりもします。

私がお客様から聞いたガイドにまつわる話をいくつかしたいと思います。

ある年配女性の話

渋谷で電車を降り、出口へ向かう下りの長い階段を下りている時、人混みに押されて勢いよく転げ落ちてしまった。そのまま硬いコンクリートに身体を打ちつけると思われた瞬間、身体がフワッと浮くような感じがし、無傷で助かったとのこと。その時確かに、透明な何者かに身体を受け止められた感触があったと仰っていました。おそらくこのような話は珍しいものではなく、皆さんの身近にもいらっしゃるのではないかと思います。

海外旅行時の話

砂漠のような所を歩いている時、ハリケーンに巻き込まれた。一緒にいた友達は上手く逃げられたが自分は呑まれてしまった。身体が宙に浮きもう駄目だと諦めかけたが、気付くとハリケーンの中で透明な存在に大事に抱えられ、ちゃんと地面に足から着くように降ろしてもらった。
その方ははっきりと、ガイドの存在を感じたと仰ってました。

人助けをさせるガイド

自分の友達にとても不思議な人がいると言う方のお話です。
友達と電車に乗っていたら、同じ車両にいた男性が具合が悪くなって倒れた。それを見た友達の顔つきが突然変わり、その男性の元へ駆け寄ると、医療の知識など無いはずなのに時計を見ながら脈を測り始め、素早い動作で応急処置をした。
駅員さんが来ると、その友達はスッと姿をくらますようにその場を離れたそうです。
そして、度々あるそのような状態の時の記憶が、本人には全く残っていないそうです。
また、その人は普段はのんびりとした性格で人見知りも激しく、目立つ行動を避ける傾向にあるそうです。
人助けの好きなガイドなのか、もしくは助けて欲しい人のガイドのお願いを聞いての行動なのか・・・、とても印象に残っているお話です。

もしかしたら、席を譲る時、困った人を支える時、無償の愛で無意識的に体が動く時は何らかのガイドの力が働いているのかもしれませんね。

命を助けたガイド

2015年11月東京で行われている某研究会後の飲み会で聞いた話

「円さん、今からお話する体験はあんまり人にした事がないんですが、聞いて貰えますか?」
会の一人が珍しく私に話しかけてきた。

僕が幼稚園の頃に起きた出来事です。
いつものように友達と二人で家へ帰る途中、突然亡くなって間もないおばあさんが現れ、道を塞ぎながら私の名前を呼び、優しい口調でこう言ってきました。

《この道に行っては駄目、行くと車にひかれて死んじゃうから》

僕は友達の手を握り道を変えようと言った。
どうやら友達にはおばあさんの姿が見えていないようだった、友達はお母さんにいつもこの道を通って帰るように言われてるからと、前に進んでいく。

僕も引っ張られて行こうとするのに、おばあさんが行かせてくれない。
するりと手が離れ友達は一人で前に進んで行ったその時、突然物凄い勢いで走ってきた車に友達は目の前でひかれてしまいました。幸いにも命は無事でした。

それ以降お婆さんの姿は見たことがないと話す。いつもクールな彼の表情が少しばかり怖ばって見えた。おそらくこの話をする事に対して色んな思いや葛藤がありその機会を慎重に伺っていたのかもしれません。

予言がほんの数分後に目の前で起こるというこのような話は非常に珍しいです。

この話に関連して、別の方から聞いた話もしておきたいと思います。
お婆さんが亡くなったお通夜での出来事です。

祭壇の前を横切る亡くなたお婆さんの姿を見ました。近くにいた母親にも見えて同時に目で追っかけました。

お婆さんは、叔母さんの身体に重なるように入って行くのが見えました。

そしてその会場で、乗り移られた叔母さんは生前のお婆さんそのままの口調で何人かの人の身体を触りながら別れを惜しんでいました。もちろんこの光景に周りの人たちも気づいている様子でした。

生前険悪だった人の所は寄り付きもしませんでした。
それを見ていた母が「やっぱりね」と呟きました。
そして、正常に戻った時は叔母さんはこの出来事を何も覚えていなかったそうです。

私は肉体がなくると感情をコントロールする理性がなくなると考えてます。つまり本心のままの行動や言動をするのです。先祖から可愛がられて愛されるような行いをしていないと守って貰える場面で守って貰えないかもしれません。

古くからご先祖様を敬い大切にしなさいという教えを今一度考えさせられるお話でした。

私の体験

20歳頃の話です。北千住の駅ビルの長いエスカレータの下にいたら、後ろの方に胸騒ぎを覚えました。振り向くと、上りのエスカレータの一番上の降り口付近で、エスカレーターに着物が挟まて倒れそうになっている人がいました。その姿が目に入った瞬間、私は物凄い勢いでエスカレーターを一気に駆け上り、転倒寸前のその人をしっかり受け止めていました。

同時に「誰か、布を切るハサミかカッターを持っていませんか!」と大声で叫びました。着物がどんどん機械の中へ吸い込まれてしまうのを必死で抑えていると、近くの男性方が手を貸しに来てくれ、誰かが着物を切ってくれて助かりました。
その時の自分は本当に、風に乗って駆け上がるような感じと半分意識がない感じの中で行動をしていて、とても不思議な体験でした。

また逆に、大惨事になる所を助けてもらった事もあります。
東京に来て初めての独り暮らしをしていた時、台所で揚げ物をしていたら油に火が入ってしまいました。何の知識も無い私は鍋に水をかけてしまい、燃え上がった油が流しへとこぼれました。何をする事も出来ずに呆然としていると、ドンドンとドアを叩く音がし、サラリーマン風の男の人が入って来て「大き目のタオルを濡らしてかぶせなさい」と言ったのです。

その通りにしたら火は消えました。そして男性も、火が消えたのを見るとサッと姿を消してしまい、顔もよく覚えていません。私のガイドが近くのガイドを通して助けてくれたのでしょうか。
ガイドはいつも我々の側にいて、共に喜び、また一緒に泣いてくれたりしています。
ガイドの望みはその働きを感謝される事ではなく、我々が生きる喜びや愛について学び成長していく事なのです。
生きていく中で抱える沢山の課題を、ガイドと共にクリアしていきましょう。


未来写真

未来はすでに存在しているのか?

未来写真
未来の自分が、既に存在している・・・。

にわかには信じられない話。
信じるか信じないかは、あなたの自由。
ただひとつ言えるのは、これが本当にあった出来事ということ。

不思議な写真を見ました。
今まで様々な写真を見てきましたが、その写真くらい不思議なものには、後にも先にも出会った事がありません。
10年以上経った今でも忘れられないそれを、ここにコラムとして書き残しておこうと思います。

未来の自分がすでに存在している。
そんな事、普通は信じられないですよね。しかし、完全に否定出来ない写真を私は見たのです。

「不思議な写真があるので見てもらえませんか?」
目の前の20歳代の女性がそう言って、バッグから一枚の写真を取り出しました。
場所は原宿の占い館。私はデビューしたての新人占い師で、そこで鑑定を行っている時の事でした。

そのお客の女性は小柄な方で、ボブヘアに黒いふちのメガネをかけていました。
写真は変色していて、一目でとても古いものと分かるほど。若い女性と、その腕に抱かれた赤ちゃんが写っている幸せ一杯の写真。

赤ちゃんは目の前にいるお客の女性で、赤ちゃんを抱いているのはその母親とのことでした。

「ここを見て下さい」
彼女は、写真の赤ちゃんの左肩を指差しました。
見ると、そこにはもう一つの顔が、誰が見ても分かるくらいはっきりと写っていました。
それもカラーで。

丸い鏡に映るように顔だけが写っている。それをじっくり見ているうち、ある事に気付きました。20歳位の女性、ボブヘア、個性的な黒いふちのメガネ・・・。
そう、それは今目の前にいるお客の女性の顔。

(混乱してきた)

写真を彼女の顔の横に並べて見ても、やはりよく似ています。生まれたばかりの自分の写真に、20年後の自分の顔が写っている・・・。
あれは一体、何だったのでしょうか。

彼女の顔も写真も未だに忘れられない、不思議な体験でした。

生まれたばかりの赤ちゃんを見ながら、その子が将来どんな顔になるか想像を巡らせた事があるでしょう。
そんな時、実は違う次元ではもう未来の姿が出来上がっていて、特殊なレンズを通せば赤ちゃんの後ろにそれが浮かんで見えている・・・かもしれません。

この仕事をしていると不思議な写真を見る機会が多くなりますが、“本当に不思議な写真”というのはかなり少ないのが現状です。
光の加減、手ぶれ、壁のシミなど、言われてみれば不思議に見えなくもないものが写ったというだけで、殆どは不思議写真とはいえないものです。

また、デジタルカメラやデジタルムービーの画像が鮮明になるにつれ、世界的に“オーブ”と呼ばれる白っぽい無数の発光体が写った画像が知られるようになりました。私もそんな写真をお客様からたくさん見せて頂きましたが、それらの“オーブ”もあまりに量が多いのです。暗い部屋の中に舞う細かなホコリが太陽光線に反射しているように多過ぎるのです。

これについては、カメラメーカーも公式HPではっきり塵だと説明していますので、そのようなものが写っていても何ら怖い事はありませんのでご安心下さい。

ちなみに、私はデジタルカメラが普及する以前に、“オーブが写っている”とされる写真を目にした事はありません。画質が鮮明になった事でオーブというものも話題になったのではと思います。

もしも不思議写真が好きで、そういう写真を見つけてみたいという方にひとつの可能性をお教えします。

撮った写真をプリントする時、殆どの人は写真屋さんに任せると思います。しかし、写真屋さんは不思議写真を見つけるとプリントしない事があるようです。

これは写真業界に確認した事ではないのですが、私は次のような経験をしました。自分で撮った写真をお店へ受け取りに行った時の事です。

後から入って来たお客さんが「これ、変なもの写っているから処分して」と受付に写真を渡していました。受付の方は慣れた感じでしたが申し訳なさそうに受け取っていました。

私はその写真を心底見たかったのですが、やり取りが素早く行われたため見る事は叶いませんでした。

その事から、不思議写真は不吉なものとして煙たがられるので、お店側も最初から省くようにしているのではと思いました。

ご自宅に現像もしてないフィルムがあるなら、全部プリントするよう写真屋さんに頼んでみて下さい。不思議写真を見つける事が出来るかもしれません。
現に私は、その方法でハッキリとしたものを数枚見つけました。
引き出しの奥に眠っているフィルムの中から、未来の自分が写った写真が現れるかもしれませんね。

*不思議写真の処分方法
もしも不安を覚える不思議写真を見つけ、処分に困ってしまった時は、下手にいろんな事をせず近くの神社で御焚きあげをしてもらって下さい。その方が安心です。


金縛りの解決方法!

金縛りとは?

金縛り。。。

よく耳にするのに得体の知れないもの。
私が金縛りを知ったのは高校生の時でした。

ある日曜日の昼間、家でテレビを見ていると、後ろの窓から入っていた光が遮られた事に気付きました。
振り返ると、いつの間にそこへ来ていたのか、逆光の中に大柄の人物が立っていました。

それは当時の友人A君でした。身長185cmの柔道部員で、見るからに体育会系…のはずが、その時の彼は血の気の引いた顔に、暑さのせいばかりではない大量の汗をかき、目は大きく見開かれ、歯をガチガチいわせていました。
普段、何があってもびくともしないはずの彼の姿に驚き、同時に、只事ではないと感じました。

「どうしたの?」

『あっ、?$@!×*・・・』

話そうにも言葉にならず、なんとか彼が落ち着いてから聞いたのは、こんな話でした。

昼食の後、窓を開けた自分の部屋のベッドでウトウトしていたら、突然言いようのない感覚に包まれ、窓から何かが入って来た。
意識はあったので起きようとしたが、身体が全く動かない。そうこうするうち、今度は急に両手が引っ張られるように浮いていく。更に足までもが浮き始め、得体の知れない力に自分がさらわれる恐怖で一杯になった。助けを呼ぼうにも声が出なかった。

格闘の末、渾身の力を込めて振り切るように身体を起こし、当時誰もいなかった家から必死の思いで飛び出して来たという。
これがA君を恐怖に陥れた“金縛り”でした。

体験した事のない人には、「寝ぼけていたんだろう」「医学的な睡眠障害」などと思われてしまいますが、その判断はともかく、得体の知れないものにはまず恐怖心を抱いてしまうものですし、議論をする以前に、怖いものは怖く、何とかして欲しい、助けて欲しいと思うもの。

それに関する情報が少ないのなら、尚更です。
同じ経験がある相手と出会い、感覚を共有する事で徐々に恐怖心から解放されていく。しかし、どんなに知識を集めても慣れる事は難しく、やはり金縛りのさなかは恐怖に駆られる…。

金縛りとは?

さて、この厄介な金縛り。
私自身が経験するようになったのは二十歳を過ぎてからですが、周りの人に訊ねると結構な確率で体験談を聞くことが出来ます。
年齢的には、若い時に集中して体験し、年齢と共に減少するケースが多いようです。
また、金縛りは今のところ二種類あると私は思っています。

1、外的金縛り
(正体不明の外的な力によって起こるもの)

人の気配がする、音が聞こえる、普段見えないものが見える。うっすらと周りを見渡せる感覚がある。金縛り度が高いと、更に自分の身体から抜け出て、自分の寝ている姿を中から見下ろすという特殊な状態になる。

2、内的金縛り
(極度の疲労で肉体だけが急速な熟睡状態に入り、意識が取り残されているアンバランスな状態)

意識はハッキリしているので眠っているつもりはない。しかし身体が動かない。
この場合は身体が固まっている以外の感覚は殆ど無いようです。
この二つの違いは、金縛り中に何かが見えたり聞こえたりするかどうか、です。
身体が動かないだけなら、内的なもの(身体が疲れているため)と判断して良いと思います。

なんとかしたいのは外的要因による金縛りです。この厄介な金縛りは、大昔から人々を困らせていたようです。
昔の人は、金縛り避けとして小刀を懐に忍ばせたり、枕元に置いたりしていたそうで、その流れでハサミやナイフを枕元に置くと良いというアドバイスが今でもあります。

でも、刃物をむき出しにしておくのは危ないので、その方法を取る時はおみやげ店にあるような安全な物を使用して下さい。
効果は同じなので、刃物が本物である必要はありません。

北枕は不吉だから金縛りに遭いやすいと言う人がいますが、それは全く根拠の無い事です。現代では脳の活性化に繋がるという研究結果もあるそうです。
ちなみに、私も何十年と北枕で寝ていますが、よく眠れますし、金縛りとの関係が無いと身を持って実感しています。

解決策

一般的な金縛り解決方法としては、身体を動かして金縛りを解く、というのが知られています。
下手に攻撃的になって呪文を唱えたり、逆に怖がり過ぎたりというのは、かえって状況を悪化させてしまうようです。

ここで、私自身が実体験から得た金縛り対策をお話しします。
私の場合、寝る前に自分が金縛りに遭うという事が分かります。寝室に入った瞬間、じめじめした湿気や空気の薄さ、圧力、強い静電気のようなものなどを感じます。

また、部屋の隅にモヤモヤとした黒い塊も見えます。そんな時は空間がドットに見え、私たちが住んでいるこの空間が小さい粒子の集まりだという事がよく分かります。そのドットに染み込むように、黒いモヤが肉眼で見えています。
また、感情面でも胸が圧迫されるような、嫌な感覚に襲われます。

私が見つけた金縛りを解く方法は、とてもシンプルです。

『ごめんなさい』と謝るのです。

外的な金縛りの場合、意志というエネルギーが金縛りを受ける人に対し、何らかの要求を強く出す事で起こります。
そんな、身勝手な意志エネルギーに謝るなんて納得出来ない、と思われるかもしれませんが、早く金縛りから開放されるように、試してみて下さい。

外的な金縛りを受けた人と全く関係が無いとは言い切れません。何らかの関係があって救いを求めている場合が結構あるのです。

例えば、道に迷って誰かに聞きたい時、相手を選んで声をかけると思います。
その時、無視されたり露骨に嫌がられたりするのと、丁寧にごめんなさい私には分かりませんと言われるのとでは、どちらがスムーズにいくかという事です。

外的な金縛りに対して下手に追い払おうとせず、「ごめんなさい、私はあなたの力にはなれません。どうか、お許しください」と唱えて下さい。

あなたの意志はその意志エネルギーに届き、優しく解放してくれます。
愛のエネルギーはなによりも強いのです。

それが出来たら、今度は金縛りにかからない自分になりましよう。
これも簡単な事です。『意識しない』です。

金縛りを下手に意識し過ぎると、あなた自身が強力なエネルギーを外へ向ける事になり、思いとは裏腹に自ら呼び寄せる結果となってしまいます。
外的な力のせいではなく、あなたという存在が目立つ事が原因となってしまうのです。

私の提案する対策が一人でも多くの、金縛りに悩む方のお力になれば幸いです。
今日からどうぞ自信を持って、『気にしない』を始めましょう。

円聖修をフォローする
円聖修 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました