《ヒーラー様特典の無料伝授は11月から有料になります》まだ受けていない方はお早めに!

オーラ画

この記事は約3分で読めます。

オーラ画

料金 2千円

オーラとは?

イメージ写真です。
オーラのイメージ写真です。

オーラ測定器で私の手からのエネルギーを分析して合成されたものです。

最近では様々な測定器が開発されてますが、初期のもので最も有名なものはキルリヤン写真です。


キルリヤン写真は1937年に旧ソビエトの電気技師セミヨン・キルリヤンによって開発された、人間の体から周囲に放射される青白い光を電気的に撮影する装置によって撮影された写真の事

オーラは、その人の“今”を表すものです。

その人の心の状態、健康状態、精神状態などにより、オーラの色や大きさや輝きに違いが出てきます。

どのようなオーラが良いか、悪いかではなく、今の自分がどのような状態で、他人にどのような影響を与えているのかを知る事が大切だと思っております。

私の見え方

健康
体の悪いところは内側に白く視えます。
  1. 白→エネルギーの欠如
  2. 赤→痛みやの肉体の叫び
  3. 青→冷えていたり血液の障害
  4. 緑→回復の兆し

状態によって人体図のように視えたり、専門用語や食生活の指示が出てくる事もあります。

特に状態が悪い場合は胸騒ぎと共にクローズアップされます。

精神
皮膚から外側に視えます
  1. 赤→感情の高まりや意識が外に向かっている
  2. 青→内側に集中、冷静、悩み、慎重
  3. ピンク→恋愛中、恋愛の予兆、ロマンティスト
  4. オレンジ→結婚願望、結婚の予兆、家族愛に包まれている、ペット愛
  5. 緑→平和主義、穏やかな状態、冒険心あふれる
  6. 黄緑→ヒーラーや施術者に多い自然のエネルギーと調和し周りを穏やかにしてくれる

皮膚から色出てくるまでの間に無色透明の部分があります。その幅が広がればストレス警報で心の隙魔となり、いつもはしないミス等が起こりやすくなります。
身体の周りを電気の粒子のようなものが飛び回って視えると、精神の危険信号です。

特別
身体を包み込む外側の光
  1. 白→先祖に守られている、特に墓参り等をした後などに視られる。
  2. 銀→非常に少ないですが、特別な使命を持った方
  3. 金→人間の持つ光としてではなく背後にご神仏がいる方、神社等参拝した後、神仏が喜んでいる時に視られます。
実際の画

結婚を一か月後控えた女性のオーラ。

結婚の色であるオレンジの光が天に向けて大きく伸びています。

三連の雲から先祖達が祝福でお顔を覗かせています。

右側のオーラが薄く、疲れを意味する無色透明の部分がかなり空いている。

左側のオーラの方が力強く、また肩が白い光に包まれているのは守護の光。

頭上の金色の輪っかも守りの象徴。
胃の所が赤くなってるのは胃があれている意味です。

ギャラリー

オーラは科学・医学で認められている訳ではありませんので、自己責任においてご判断ください

円聖修をフォローする
円聖修 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました