スマホの『MENU』は右上☝

再開!円流タロット占い講座(2022年3月まで受付)

この記事は約2分で読めます。
円聖修
円聖修

タロット講座のお問い合わせが多く再開する事にいたしました。

今年の3月まで受付を延長いたします。

1対1の講座です。

入会金:2万円 ※ヒーリングを7回受けた方は免除
受講料:1回60分 1万円(6回目から5千円) ※1対1の貸切
回 数:目安7回 ※回数には個人差があります

78枚を使用し何でも占えるように指導致します。
ご自身のペースでゆっくりと深く極めて行ってください。

誰も使っていない独自のスプレット(展開法)を伝授いたします。

タロット占いを本当に身に付けるのはとても難しいとよく聞きます。
皆がどんな壁にぶつかるのかを弟子達の講座を先にスタートしながら教え方を練っていました。

遂に私のオリジナルの教え方が完成しました。
この方法なら特許を取りたいくらいとても簡単に学べます(笑)

またシャーマンである私ならではのスピチュアル的な視点で、なぜタロットは当たるのか、霊障の問題の解説もしていきます。

占い師名

ご希望者には占い師名を授けます。
私の弟子として是非円流タロットを継承して頂ければ嬉しいです。

タロット道場(LINEグループ内)

同じ講座の仲間たちとタロット占いを深める為の練習場所を開設しています。ご希望者はどんどん参加して楽しい日々をスタートさせて頂ければと思います。参加条件は講座を学んだ実績によって円聖修が判断致します。

タロット占いとは

タロット占いはカードを使って神託を得る占いです。
神秘的な絵が描かれ、数字が付けられたカード…。
この占いは15世紀頃のヨーロッパを中心に、ジプシー達の手により広まったという説が知られています。
しかし実際には諸説あり、真偽は未だ謎に包まれたまま。
使用するカードは大アルカナ22枚+小アルカナ56枚の計78枚。大アルカナからはそれぞれテーマやストーリー性が感じられます。
手に取った事は無くても『恋人』『月』『死神』といったカードがある事をご存知の方は多いでしょう。
小アルカナは、14枚ずつワンド(杖)、ソード(剣)、カップ(聖杯)、コイン(金貨)という4つのグループに分けられます。
ワンドは火、ソードは風、カップは水、コインは地を表してもいます。
カードは正位置と逆位置とで意味が変わるため、カードから導き出せる答えは単純計算で78枚×2=156通り。
それにタロットリーダーの霊感も加われば解釈は更に広がるのです。
そして占い師がカードを繰る度に味わう緊張や高揚感。
タロット占いは人々の心を惹き付けてやまない、とても不思議な占術です。

円聖修をフォローする
円聖修 公式サイト